きのこへのこだわりParticular

  • HOME
  • きのこへのこだわり

3つのこだわり

麦飯石

麦飯石

岐阜県加茂郡白川町で産出される鉱物石で、土や水を活性化させる働きがあります。麦飯石農法により、植物の生理活性を高め、きのこ本来の旨味を引き出します。

おが粉

おが粉

きのこの原料には、火成岩の地層で育った、宮崎県産の杉を主原料にしております。杉おがの細粒にまでこだわることで、食味、食感も違ってきます。

無農薬

無農薬

きのこ栽培は、雑菌との戦いです。殺菌剤を使うことなく、安心で無薬のきのこづくりにこだわっています。しげなかきのこ綾農園では、オゾン発生装置で、滅菌を行なっています。

麦飯石を利用する多元素ミネラル活性農法

麦飯石は、岐阜県加茂郡白川町で産出される鉱物石で、水を活性化する作用があります。
この石は麦飯のおにぎりに似ているところから命名されたものです。
中国では古来漢方薬の材料として利用されてきました。
麦飯石の主成分にはケイ酸と参加アルミニウムで、組成は石英斑岩に似ていますが、最大の特徴は多孔質で
表面積が大きく、水に入れるとイオン反応を活発にすることです。
イオン反応をしやすいということは、土や水の活性化を促進し、触媒機能を発揮しやすいということです。
麦飯石農法は、麦飯石のもつ多様な機能、とりわけ植物の生理活性を高めたり、酸性やアルカリ性に傾いている土壌を中性に近づける緩衝能力、
土壌や水の浄化能力などの作用に着目し、多元素ミネラルを含む麦飯石と、麦飯石を水に作用させることでつくり出される
良質のミネラル活性水を活用した自然に優しい、新しい生態系システムです。

しげながきのこ綾観光農園では麦飯石を培地に一定量混入し、麦飯石によってつくり出される
良質のミネラル活性水を肥培管理に使用して、安全で無農薬の「健康きのこ」栽培を行っています。

安全で無農薬の「健康きのこ」栽培を行っています

しげながきのこ綾観光農園では麦飯石を培地に一定量混入し、麦飯石によってつくり出される
良質のミネラル活性水を肥培管理に使用して、安全で無農薬の「健康きのこ」栽培を行っています

綾ひめたけ旨味成分(グルタミン酸)比較
農業用麦飯石1.3g/菌糸瓶850cc 21.29mg/100g
対照区(麦飯石未使用) 4.18mg/100g
綾ひめたけ旨味成分(アスパラギン酸)比較
農業用麦飯石1.3g/菌糸瓶850cc 6.09mg/100g
対照区(麦飯石未使用) 2.53mg/100g

当社比較(美濃白川麦飯石株式会社農業用麦飯石500メッシュパウダー使用)
施用試験:平成16年8月~9月 試験場所:宮崎産業有限会社栽培施設
高知大学農学部石川教授による

お問い合わせ

きのこづくりの職人が、皆様にこの繊細でいて「生命力溢れる健康きのこ」をお届けします。
工場見学のお問い合わせもお待ちしております。
TEL:0985-77-3488

メールでのお問い合わせ